初心者でもできるSEO対策 サーチエンジン最適化

誰でもできるSEO対策
サーチエンジン最適化
(初心者向け)

初心者でもできるSEO対策Part3(フレーム編)

SEO対策をしようとしてる、あなたのサイトにはフレームを使用してませんか?
もし、フレームを使用してサイトを運営されているのなら、今すぐにフレームを使用しないで、通常に作成されることをお薦めいたします。 フレームを使用してSEO対策を行なう上では、このフレームは、とても厄介な存在なんです。フレームを使うメリットと言って挙げられる代表的なことは、更新作業が簡単ということだと思いますが、SEO対策的効果はありません。

フレーム使用のデメリット

・フレームを使用だと検索ロボットが適切にクローリング(巡回)出来ない場合が多い。
・フレーム非対応のブラウザや、古いWebブラウザ、又は携帯電話、PDA等のブラウザでは、フレームに対応してないので、閲覧者に関しての閲覧規制が多くなる。
・目的のページに直接リンクすることができない。または目的のページへ移動してもURLはメインのフレームのURLを示す為に、目的のページのURLが把握できない。
・ページが正常に印刷ができない。
・フィッシングの踏み台として利用される可能性もある。
というように、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまいます。

なによりも、SEO対策をしているのに、検索ロボットが適切にクローリングできないとなると、SEOの意味はありませんね…

更新作業の気になる人は

フレームを使用するなといっても、実際ページが50ページもあり、メニューを更新しただけで全ての50ページを更新するとなると、やっぱりフレームを使用する方法しかないなんて思っている人、そんなことはありません。50ページあっても10,000ページあっても一度に更新作業を行なう方法がありますよ。

簡単な方法としては2種類あります。

まず1つはSSIを使う。

もう1つはPHPを使用する方法です。

どちらとも、ページに一度指定をしておけば、1つのファイルを更新するだけで指定した全てのページに更新内容が反映することができ、とても簡単です。

SSIの場合は、<!--#include file=″./menu.txt″ --> というコードを使用して呼び出します。
PHPの場合は、<?php require(″menu.txt″);?>
と言うように外部のメニューが書いてある、munu.txtから呼び出します。

ふたつとも、設定や方法に関しては、サーバーや使用環境によって使用できる、使用できない、または使用方法や設定方法が異なるため、詳細な説明を行なうことは出来ませんが、こういう方法もあるという事も、知っていただけたらと思います。

初心者はまずはここから
初心者でもわかるSEOとは
サーチエンジンの仕組み
SEO対策の基本
SEO対策の基本Part1 タイトル編
SEO対策の基本Part2 タグ編
SEO対策の基本Part3 フレーム編
知っておこうSEO スパム行為
SEO 評価のあるサイト
SEO 用語集
サイトマップ
注意事項
1.「初心者でもできるサーチエンジン最適化」に掲載されている、情報は個人で収集したものであり、その内容についての保証は一切行っておりません。
2.「初心者でもできるサーチエンジン最適化」から他のウェブサイトへリンクを行っておりますが、リンク先のホームページは当方が運営管理するものではないため、リンク先サイトの情報の真偽や信頼性については当方では一切の責任を負いません。
3.「初心者でもできるサーチエンジン最適化」のコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につき無断で使用・複製することを禁じます。
4.また、予告なしに内容を変更又は廃止する場合がありますので、あらかじめご承知してください。
5.リンクフリーです。
バナーは↓をご利用下さい。
初心者でもできるサーチエンジン最適化
初心者でもわかるSEOとはサーチエンジンの仕組みSEO対策の基本Part1 タイトル編SEO対策の基本Part2 タグ編
SEO対策の基本Part3 フレーム編SEO スパム行為SEO 評価のあるサイトSEO 用語集
copyright(c)初心者でもできるSEO対策 AllrightReserved.